<< 個展 攻撃! >>

シニア

昔の犬は「10歳超えたら長生き」だったのに
最近の犬は平均寿命が12歳とか・・・。
医療の発達やフードの良質化、飼育環境によるものなんだろうな〜。

今、日本で飼われている犬の約6割が
7歳以上のいわゆる「シニア犬」と呼ばれている子たちだそうである。

もちろん、犬種や生活内容によって
どこまでがシニアと呼べるのかは難しいが
間違いなくお年の犬たちが増えてきていると言う事だ。

ま、うちの3匹も一番若くて8歳・・・と言う
立派なシニアたち。

やはり、若い時とは動きも全く違う。

北海道でひろ〜い草地を疲れも知らず
走り回っていたあの頃の体力はもう見られない。

ちょっとの変化ですぐ便の調子も悪くなるし、
反応も鈍くなっている。

「これが年をとるって言う事なんだな〜。」

若い時の過ごし方とはまた別の、
犬たちとのゆったりとした時間の流れを
心地よくも感じ、また、急に寂しくなったりもする。

同じような思いをしている人がたくさんいるに違いない。

このままおだやかに、ゆったりと時を重ねて欲しいと心から思う。

うちの子も含め、シニア犬と呼ばれる子たちに
吸収率の良い、おいしいご飯を食べてもらいたい!とずっと思っている。

「おいしい!」と思う気持ちは生きる事につながる。
食っていうのはとっても大事で、命と比例しているように思う。

食べ物が固かったり、大きかったり、飲み込みにくかったり・・・と
食べたいのに上手く食べられない子が出てくるのもシニア。

そんな子たちのためにも、
究極の「おいしくて、食べやすいフード」を作れないかと
ここのところ試行錯誤している。

元気でおいしく食べてもらえるフード・・・、
頑張って作りたいと思っている。

もも

f0177310_13575210.jpg

                   すっかり白くなりました!
[PR]
by in-uclub | 2009-09-08 14:00
<< 個展 攻撃! >>