<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

まったりな感じ

相変わらずまだまだ立てないピアノさん。

でも、自分の状態に折り合いがついてきたようで、
頑張って体の向きを変えたり、寝返りをうったりしています。

わたしも大分、ピアノとの呼吸が合ってきました!

何とかひょこっと立てるようになって欲しいな〜。

もう少し、様子を見て
今後の検査等の事は決めたいと思っております。

ピアノもこんなやわらか〜い顔でまったりしてます。
f0177310_1111365.jpg

ソファーの上がなんせお気に入り。

下には広範囲で布団が敷いてあり、
自力でモゾモゾと布団に移動したりしています(笑)

せっかくですので、upでもう一枚。
f0177310_1132257.jpg

うん、可愛い♥

でも、何だかつまんないモードなのがこの方↓
f0177310_1143145.jpg

ピアノにかかりっきりになってたので
少々いじけモードです(汗)

もう少し、我慢してね、りっさん!

そんな訳で、何とか明るい介護生活を送っております。

週明けから仕事で北海道に行かなくてはなりません。
留守の間は助っ人Eちゃんが泊まり込みで犬たちを見てくれます。
ほんと、感謝、感謝です。

うちのパソコンから某葉山のブログも更新されるでしょう(笑)

ピアノの件で、ご心配メールをたくさんいただきました。
本当にありがとうございます。

お陰様でピアノは元気にしております。
GW中も犬たちとまったりな感じで過ごしました。

ブログの更新もなかなか出来ないのですが、
今後もこちらでピアノの様子はご紹介します。

何だか風邪が流行っているとか・・・。
寒暖の差が激しかったからかな〜?
皆さんも、風邪など引かないように気を付けて下さいね!

もも
[PR]
by in-uclub | 2010-05-09 11:13

一緒に頑張るぞ!

本当に突然でした。

今週の初め、朝は普通だったのに、いきなりです。
いきなりピアノの様子がおかしくなったのです。

前・後の両足が全く立たなくなってしまいました。

すぐに病院に連れて行くも、原因はその場ではわからず。

昨年の秋に腫瘍の摘出手術をしてから
後ろ足がふらついたり、調子が悪くなったりしては→直る・・・を繰り返していました。

ピアノのお父さんや兄弟姉妹にも、同じような症状が現れたりしているので
遺伝的に何か持っているのは間違いないとは思っていました。

それでも、良い意味で上手く付き合っていこうと思っていましたが、
今回は少々ヘビーな状態になってしまいました。

本人は多少落ち込んでいるものの、食欲はある、抱いて外に出してあげれば
おしっこやうんちは自力で出来る、熱もなし・・・。
でも、全く歩けません。

体を起こすことは出来ますが、両足首から先がいうことをきかないので
自分で体を支える事が出来ません。

さて、これからどうしようか・・・。

原因と思われる事を調べ、一つずつ消去していくしかない。
昨日は免疫性の筋炎を疑い、血液検査を行うも、異常なし・・・。
あと考えられるのは脳か神経。
でも、それを調べるには全身麻酔でのMRIしかありません。

そうなると今の病院では検査出来ないので、
専門の検査機関に行くか、大学病院に行くしかありません。

心配なのは全身麻酔をかける事。
ピアノは以前、避妊手術の時に麻酔で顔がパンパンに腫れてしまう症状がでており、
「麻酔に対してアレルギー症状がある」との疑いがあるのです。
腫瘍の手術に踏み切ったのは、今見て頂いている先生を信頼していたから。

でも、他の場所での検査と言う事は、初めての先生。
ピアノはめちゃくちゃヘタレな性格で、初めての場所に行くと言うことだけで
よけい具合が悪くなってしまうようなヤツなんです・・・、はい。

そんな状態での全身麻酔に関しての危険性は、私も理解しています。
以前、王国にいた時に、麻酔をかけての手術にのぞんだ子が
そのまま帰ってこない事もありましたから・・・。

正直、すごく悩んでいます。
まだ決めかねています。

MRIをかける事で、原因がはっきりするかもしれない。
でも、しないかもしれない。
麻酔をかける事で何かあるかもしれない。
でも、ないかもしれない・・・。


犬は今を生きる動物です。

「あたし、こんな状態になってしまって、この先どうなるのかしら・・・」
「麻酔をかけて何かあったらどうするのかしら・・・」
とは、考えません。

今、どうなのかがすべてです。

ピアノは今、自分の体が変なことにとまどいはありますが、
徐々にその状態と折り合いをつけています。

9歳。
このまま寝たきりで生活させるには少し若いとも思います。
直るものなら直してあげたい。

でも・・・・。
わたしの頭の中も、ぐるぐると可能性とリスクが渦巻いている状態です。

昨日の診察では、「GWは大学病院も休みなので
どちらにしても検査の予約をとることは出来ません。
ピアノの状態も落ち着いているので、もう少し考えてみて下さい。」
との事でした。

答えを出さなくちゃならないのはわかってはいても、
どうするのが一番なのか・・・。
もう少し、考えてみる事にします。

とりあえず、今、ピアノにとって一番良い状態を作ってあげたいと思います。

最近は、ピアノの顔を見ていたり、鳴き声を聞いただけで
何をして欲しいのかがわかるようになってきました。

ピアノのための部屋の改造もしたし、
介護のプロ、U辻さんお勧めで、こんなのも用意しました↓
f0177310_13211977.jpg


よし!準備は万端です。

昨日は天気も良かったので、ベランダで日光浴をしてみました。
f0177310_13222811.jpg

その間、庭の草むしりや水やりをしながら
気持ちよさそうなピアノを見ていると、何だか幸せな気分になりました。

どんな事になろうとも、この先も一緒に生きていくんだから
くよくよしていても仕方ないな〜!

一緒に頑張ろうね、ピアノ!
f0177310_1325879.jpg


ピアノの状態は、またブログでお伝えしたいと思います。


最後に、29日に行ったパルイベント。
どうしてもピアノのそばを離れる事が出来ず、
主催者不参加(涙)と言う状態になってしまいました。
参加して下さった皆様に、この場をかりてお詫び申し上げます。
しばらくは、ピアノ中心の生活になってしまうこと、
どうぞご理解下さいませ。

もも
[PR]
by in-uclub | 2010-05-02 13:34